円高と円安の概念

アベノミクスやオリンピック効果で、少しずつですが景気は回復しています。またこの機会に投資を始めて、大もうけした人も多いのではないでしょうか。確かに今は投資で儲けるチャンスです。しかし投資なんて金持ちがやる事で、自分達一般人には関係ない話だと思っている人も多いでしょう。

確かに投資には多額のお金が必要になりますが、実は少ない資金で出来る投資方法があります。今回はその投資方法であるFXの、基本的な儲け方について説明します。この投資方法には、円安・円高が関係しています。ですからまずは円安・円高について、きちんと理解しておく必要があります。まずは円安から説明します。

円安とは字の通り、円が安い事=つまり円の価値が低い事を意味しています。例えば1ドル=90円と100円では、同じ1ドルを買うのに10円の差が出る事になります。これはつまりドルの価値が高くなり、円の価値が低くなった=ドル高円安という事になります。

一見90円から100円に上がって、円の価値が上がっている様に思えますが、逆ですので注意して下さい。分かりにくい場合は円ではなく、ドルの立場になって考えると分かりやすいでしょう。次に円高について説明します。

円高は円安の逆で、ドルの価値が低くなり、円の価値が上がった状態の事を言います。=ドル安円高の状態です。円安と同じ様に90円と100円で考えると、1ドル買うのに100円必要だったのが、90円で買う事が出来る様になりました。

つまりドルの価値が下がり、円の価値が高くなったという事です。これらの円安・円高を利用して、利益を上げるのがFXの基本的な方法になります。この投資方法には様々な利益獲得方法があります。

しかしどの方法も基本的概念は、この円安・円高に基ずいて考え出されています。ですから初心者の方は、まずこの円安・円高から理解する様にして下さい。完璧に理解出来てから、自分なりの投資方法を確立していくと、いい結果をもたらすでしょう。