口座開設時にFX会社が審査でチェックしてること

FXの口座開設を依頼する場合、必ずFX会社の方で審査が行われます。しかし、審査とは言ってもカードローンの申し込みをする時のように、自宅や職場に電話がかかって、本当に働いているのかどうか、年収はいくらなのかということを直接聞かれるということはまずありません。

収入や職場の情報は、申込者の自己申告がそのまま受け入れられます。では、審査をするというのは建前で、実際にはFX会社は何もしていないのかというと、そういうことはありません。ちゃんと口座開設の申込書をチェックしています。

たとえば、仕事をしていない人が申し込む場合、当然、預貯金が必要になってくるわけですが、申込書での記入で預貯金はないとした場合、それだとFXの取り引きを行うことが出来ないし、ロスカットが間に合わずに証拠金がマイナスになった場合に、新たな証拠金を入金することも出来ないと判断して、口座開設を認めない場合があります。

また、収入がある会社員が申し込む場合であっても、FXのように、預け入れたお金がマイナスになるような取り引きをしたことがなく、経験不足と判断された場合でも、口座の開設を断られる場合があります。そういった場合は別の会社に申し込むしかありません。