にきびの改善にケミカルピーリングは使われています

毛穴の引き締めや、にきびの改善にケミカルピーリングは使われています。実際にケミカルピーリングというのは、どういった治療なのでしょうか。専用の薬品を顔につけることで、古くなった角質層を取り除き、つるつるの皮膚にすることがケミカルピーリングの方法です。古い角質が取れると、くすみも無くなり、毛穴に詰まった皮脂や老廃物も一緒に剥がれ落ちる為に、お肌がつるつるになります。新しい皮膚が古い皮膚にとってかわるターンオーバーの作用も、ケミカルピーリングによって促進することができます。基本的には、28日周期で肌のターンオーバーは行われているといいます。しかし、年齢やストレス、紫外線などの影響でターンオーバーの周期が乱れることがあります。ターンオーバーは部分的に崩れることもあるといいます。角質層が部分的に厚みを持つことで、にきびがふえたり、肌のざらつきがひどくなったりします。ターンオーバーが崩れると、お肌の再生がうまくいかなくなる訳ですから、シミ、くすみ、ニキビ、しわなどができやすくなってしまいます。特に顕著なのは肌のシミです。ターンオーバーがうまくいけば、シミの原因なるメラニン色素は体外に出ていきます。メラニン色素の生成を防いだり、コラーゲンの生成を促して新しい皮膚をつくるように働きかけることができるケミカルピーリングは、肌のお手入れの強い味方です。