サーマクールによるたるみ改善の方法

サーマクールは、たるみを引き締める作用がある美容施術です。どういったプロセスで、たるみがなくなるのでしょう。サーマクールの機械の説明をする前にまずは人の肌というのが、表皮、真皮、そして皮下組織の3層になっていることをご存知でしょうか。化粧品や光による治療で、たるみを改善しようと施術を受けても、なかなか思ったほどの改善効果を感じられない人もいるようです。せっせとケアをしていても効果が今一つでないという場合は、皮膚の浅いところまでしか成分や効果が到達していません。皮膚にたるみが出るのは真皮層でコラーゲンが減るためですが、真皮は肌の奥深くにあります。たるみを解消したいならば、コラーゲンの増加を助ける何らかのケアをすることです。真皮層まで作用する高周波を使えるサーマクールは、肌の深い部分にまで届く美容施術として人気があります。コラーゲンは、熱を加えると収縮する性質があります。サーマクールは高周波で真皮層に熱を発生させる事で、コラーゲンを収縮させて、引き締めてくれるのです。熱を照射されて収縮し、壊れてしまった古い皮膚を修復するために、新しいコラーゲンが作られやすくなって古い組織と交代しやすくなるといいます。コラーゲンの多い、たるみのない皮膚になるためには、サーマクールを利用して肌の深層までコラーゲンをつくる機能をもたらしましょう。