ニキビ跡クレーターを押し隠すメイク

面皰跡がへこんでクレーター状のお肌になることがあります。肌のくぼみを化粧でカムフラージュするのはどうしても大変で、メイクで軽々しいシミ前後なら押し隠すことができますが、へこみはそれほどはいきません。お肌そのものが陥没やるために、早く化粧をする程度では結構面皰跡が残ってしまう。どうすれば、面皰跡のクレーターを化粧で目立たないようにできるでしょう。却って際立つことにもなりかねないのが、ファンデーションを太く塗って思い付かみたいしようとしてしまった場合だ。パウダーファンデーションを使うという、厚塗りやる時自体が目につきます。おすすめの戦法は、ファンデーションで陥没を包み隠すことです。ファンデーションをとっくり塗り付ける結果、肌の凹凸を隠してなめらかに見せつけることができます。フェイスパウダーには光線を拡散する効果があるので、面皰跡のクレーターをカモフラージュできます。光沢のあるフェイスパウダーなら形相の名残ができにくくなるので、クレーターが名残を形作りがたくなります。化粧選びでは、毛孔隠し用のものを使うといいでしょう。また、化粧の前のスキンケアも重要です。お肌の保湿をきちんと行う結果、カサカサから肌を守りましょう。弾力のあるふわりしたお肌であれば、結果的に面皰跡のクレーターは目立たなくなります。