面皰跡クレーターを押し隠すメーク

面皰跡がへこんでクレーター状のお皮膚になることがあります。皮膚の窪みをメークアップでカムフラージュするのは結構大変で、メークで軽々しいシミ周りなら押し隠すことができますが、凹みはそんなにはいきません。お皮膚そのものが陥没やるために、早くメークアップをやる程度では必ず面皰跡が残ってしまう。どうすれば、面皰跡のクレーターをメークアップで目立たないようにできるでしょう。やっぱり際立つことにもなりかねないのが、ファンデーションを厚く塗って思い付かみたいしようとしてしまった場合だ。パウダーファンデーションを使うと、厚塗りやるところ自体が目につきます。おすすめのテクは、ファンデーションで陥没を押し隠すことです。ファンデーションをきちんつけるため、皮膚の凹凸を隠してなめらかに見せることができます。フェイスパウダーには明かりを拡散する効果があるので、面皰跡のクレーターをカモフラージュできます。輝きのいるフェイスパウダーなら顔の片影ができ難くなるので、クレーターが片影を創りにくくなります。メークアップセレクトでは、毛孔隠し用のものを使うといいでしょう。また、メークアップの前のスキンケアも重要です。お皮膚の保湿をきちんと行うため、ドライから皮膚を守りましょう。弾力のあるふわりしたお皮膚であれば、結果的に面皰跡のクレーターは目立たなくなります。