無職でもFXの口座開設を受けつけてもらえるのか

FXというのは、まずは日本円をFXの口座に入金して外貨を購入する、あるいは売却するという取り引きであり、お金を持っていなければ行うことは出来ません。では、無職だと口座開設に制限がかかったりするのかというと、これは半々だと言えます。

というのは、FXではレバレッジを使える取り引きがあり、最大限のレバレッジで取り引きを行うと、通貨の価値が一気に暴落した時に証拠金がマイナスになるという危険性があるからです。

そうならないようにロスカットという仕組みがあり、マイナスになる以前で強制決済されるはずなのですが、暴落時には通貨を買ってくれる人がいないのでいつまでも決済出来ずに結局、証拠金がマイナスになるということはあり得るのです。

証拠金がマイナスになった場合は、FX会社は客に速やかに入金を求めますので、客は応じる必要があります。無職の人の場合、こういう時に入金が出来ない可能性があるということでFX会社は口座開設に慎重になる部分があるのです。

なので、口座開設を申し込んだ時に、無職であり、資産もないという属性だと断られる可能性があります。ただ、一定額以上の資産があれば、仕事をしていない人でも審査に通ります。